次回上映会

LOTUS 相原信洋作品上映会

8.19 sat & 20 sun

8.19 sat 16:30 open

Aプログラム:17:00ー18:00
Bプログラム:18:15
19:15
上映後トーク
「相原信洋にまつわる作品と思い出」
相内啓司(映像・造形作家)×櫻井篤史(映像作家)

 

8.20 sun 13:30 openAプログラム:14:0015:00
Bプログラム:15:15
16:15

 

《学生》
1プログラム800円
+ 1 drink

2プログラム1600円 + 1 drink

 

《一般》
1プログラム1000円
+ 1 drink

2プログラム2000円 + 1 drink


■上映作品
○Aプログラム
やまかがし(1971) 7分
妄動(1974) 3分
STONE No.1 (1975) 6分
STONE(1975) 10分
STONE アウトテイク(1975) 8分
カルマ(1977) 3分
アンダー・ザ・サン (1979) 12分
MY SHELTER (1981) 10分
計59分

○Bプログラム
映像(かげ) (1987) 8分
GAVORA (1989) 5分
MASK (1991) 6分
SPIN (1993) 10分
MEMORY OF CLOUD (1997) 7分
The Third Eye (1999) 4分
WIND (2001) 6分
LOTUS (2007) 4分
「相原信洋追悼作品・特別上映」
Hello Friends schizophrenic view 2017© 6分
相内啓司

計56分

■作家プロフィール
相原信洋
1944 年神奈川県生まれ。スタジオゼロやオープロダクションで TV アニメのアニメーターとしての仕事に取り組み、1965年頃より自主制作を開始、数々の作品を発表。1980年頃よりスウェーデン、デンマーク、フランス、ドイツ、チェコでアニメーション個展を開催。また1990年頃より、個展や絵画展はもとより数々のアニメーションワークショップを指導。2011年4月30日インドネシアのバリ島で急逝。

■主催
EZO FILM

■協力
ルーメンギャラリー
阪本裕文
※上映作品は京都造形芸術大学に保管されていた氏の作品をデジタルリマスター化した。本研究は、JSPS科研費 JP15K02184の助成を受けたものである。

■予約受付
メール ezofilm.n@gmail.com
twiteer  @ezo_film
HP  https://ezofilm.tumblr.com/